検診で引っかかったら

検診で引っかかったから、という受診の仕方をする方は多いのですが、それはあくまできっかけに過ぎません。
当院では、初診で患者さんの人生のレビュー(総括)を行います。すると必ず脆弱な部分が見つかり、それについて淡々と情報収集を行い、その後の戦略も決定します。お金をかけずに効果的に、がコンセプトです。したがって適切に情報をくださらない方、検診以外に興味がない方は当院にいらしても居心地が悪いと思いますので受診を避けることを勧めますし、すでにドクターショッピングをしまくっている方も避けたほうが無難です。
年間100人ぐらいの癌(初期もそうでないものも含め)を見つけますが、これらは検診で見つかったものは非常に少なくて、我々のアルゴリズムに沿って見つけたものがほとんどです。痛風があるのに10年もエコーをしていない、などというのは一つの例です。(尿路系の癌が見つかったりします)
症状があって受診する場合も同様です。

受診の際、お薬手帳は必ず持参(複数持っている場合にはすべて持参)、過去の血液検査の結果も持参、これが最低要件です。

40歳ぐらいまでの方はその限りではありません。最初から当院にいらっしゃる方が、情報の整理はつけやすいし人生のデザインもしやすかろうと思います。検診への付き合い方、ニセ医学との付き合い方もしっかり教育します。

受診案内

当院は伊勢原市にある無床診療所です。標榜科は内科。小児は診ておりません。

地域医療に貢献、というよりは理解が難しい病気や癌などの診断、治療に特色があります。
混んでいる、という噂は嘘です。むしろ患者数は少ないです。平均して他院の4倍ぐらいの時間をかけるので患者数が少ない割にはお待たせするのは事実です。
ところで時間がかかる原因はきちんと準備をして受診する方がまた少ないからなので、このホームページを見て来院する方には以下の事を実行していただければと思います。もちろん見返りはあります。

全員電話をするか、メールなどで相談をしてから来院すべきです。私が電話に出ればそこで診断はほぼつく事が多く方針も立てられるため無駄がありません。
血液検査やお薬手帳などの資料を持参せずに受診しますと我々の通常より低レベルの診療になります。それはもったいないのでなるべく資料を持ってくるほうが良い。なければないで構いません。わざわざ他院で検査をしてから受診する方がおられますがそれこそ無駄です。
医療レベルは高く、対応も丁寧ですからその点で文句を言われたことはありませんが、時間がかかる事は了承して下さい。
現在のやり方は医師に負担がかかるため、受診を制限するために将来は予約制に移行しますのでご了承下さい。