お知らせ

ルールは医療機関によって違う

2018年11月21日

他の病院にかかっている方が、検査を勧められたが、苦しいので鵜川医院で受けたいというケースがあります。
お気の毒なので検査をしますが、次回の検査は3年あけて構わないと説明してあるのに、1年ぐらい経ってから来院して他の病院では毎年だったのに、なぜ毎年じゃないのか?検査をしてくれないのか、と仰る場合があります。
検査の間隔は双方の合意に基づくものだと思うので理由は説明してあると思いますし、たいていは文書をお渡ししてあります。例えばピロリ菌を除菌してあるときに検査間隔をどうすれば一番合理的なのか、という問題についてまだ結論は出ていませんが、当院での基準があります。除菌直後は1年後、胃体部の炎症がきわめて強ければ除菌後であっても毎年、萎縮が広範囲に及ぶ場合には2年後、それ以下の萎縮がある場合3年後、というような。

多くの病院では検査は、患者さんが来るのを忘れて予定よりも間隔が長くなることを前提に短めに次の予定を言ったり、ただ機械的に1年後と指導する事があるのではないでしょうか。他院のルールを我々に押し付けるのは少しおかしな話ですし、それ以前に安心してもらいたくてこの話を書きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です