感染症の疑いがある人が堂々と診察室に入ってくる事がまだある

咳や嘔吐・下痢は感染症の可能性があるから、易感染の人々が多い当院に受診する時には最低でも電話をするように、家か車の中で待機、玄関から院内に入る前にインターフォンを押すか携帯電話で連絡をしてくださいとお願いをしています。そういう事をしてくれず、受付でも言わず、自分の診察室に入って初めて「咳が出ていて」などと申告する人々には以下の特徴がある。
1)自分が易感染だったり病気を持っている。
2)医師指定をする。
3)そこそこ医療に詳しい。
4)複数のお願いがある。
5)他院にもうかかって薬を飲んでいる。
そして1週間以上の症状だったらそれはウイルス感染ではあるまいと勝手に判断しているわけです。
しかしそれは浅はかな知識です。もっととんでもない病気があるわけです。結核とか。

システムとしてこういう受診があり得ないようにする事は可能だと思いますので、考えます。

基礎医学がわからない人々に検査結果の解釈をさせることの意味について

アミノ酸分析や脂肪酸分析で、がんのリスクを計算する検査が増えてきましたが、基礎医学がわからない人々が関与し「がんのリスクが高い」と患者に言うのみなので、いたずらに患者を不安にするだけです。例えば偏った食事をせざるを得ない人々は当然のことながらそういう検査では「異常」とされます。そんな事は基礎医学を理解していれば当然の事なのですが、多くの医師は「基礎は苦手」と公言するぐらいなので患者に正しく説明できる期待は薄いです。p53抗体が妊婦で上昇するのも当然なのだけれど、そもそも妊婦にp53抗体検査するか?っていうレベルでおかしな話です。

電話の復旧について

ご迷惑をおかけした電話の故障ですが、2018/8/2114:00現在復旧しています。
今後も安定するかどうかは不確定です。

連絡先はいつも同じですが、

LINEは@opm4078d
MAILはquologic@nifty.com
TELは0463-91-0707

このサイトにコメントを残す方がいらっしゃいますが、それに対して返信はしていません。
問い合わせ方法は上記に書いてあるとおりです。