ひとこと

基礎医学がわからない人々に検査結果の解釈をさせることの意味について

2018年8月23日

アミノ酸分析や脂肪酸分析で、がんのリスクを計算する検査が増えてきましたが、基礎医学がわからない人々が関与し「がんのリスクが高い」と患者に言うのみなので、いたずらに患者を不安にするだけです。例えば偏った食事をせざるを得ない人々は当然のことながらそういう検査では「異常」とされます。そんな事は基礎医学を理解していれば当然の事なのですが、多くの医師は「基礎は苦手」と公言するぐらいなので患者に正しく説明できる期待は薄いです。p53抗体が妊婦で上昇するのも当然なのだけれど、そもそも妊婦にp53抗体検査するか?っていうレベルでおかしな話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です